赤ちゃんに食べさせてはいけない食品

皆さんのご家庭で、赤ちゃんを育てている家庭はいらっしゃいますか。赤ちゃんを育てる上で、一番悩むことに離乳食といわれています。

離乳食は、赤ちゃんが乳離れをして食べる食事のことです。赤ちゃんは大人に比べて胃腸が発達していないので、大人のようにどんな食品でも何でも食べることができません。

食べさせてはいけない食品をあげると、命の危険にさらされることもありえますので注意が必要です。ここではそんな乳幼児の赤ちゃんに食べさせてはいけない食品を挙げていきますので、注意してください。

まず絶対に食べさせてはいけない食品に、はちみつがあります。

はちみつは健康にもいいし、どうしていけないのかと思われるでしょうが、ごくまれに、ボツリヌス菌の芽胞がはちみつに混じっていることがあるからです。


腸が発達していない乳児の体内に入ると、乳児ボツリヌス症を発症することがあります。
ですから、1才未満の乳児には絶対与えないでください。

同様の理由で、黒砂糖も与えないように気をつけましょう。
どうしても甘みを加えたいのであれば、メープルシロップがおすすめです。

次に食べさせてはいけない食品に、さしみがあります。
昔から生ものは、6歳までは与えないようにと言われてきたものです。


赤ちゃんは、消化器官も未発達で、抵抗力も弱いです。ですから食べると、雑菌や寄生虫の恐れがあります。食中毒の可能性があるので、お魚やお肉など生ものは与えてはいけません。


少なくとも離乳食時は我慢してください。

また、ピーナッツやそばもだめな食品です。

命に関わる「アナフィラキシー・ショック」を起こす事があるからです。

特定の食品を食べた後に、唇がはれたり、ジンマシンといった症状が出た場合は、すぐに病院へいくようにしてください。

アレルギーの可能性があります。


また、ピーナッツは、喉に詰まる可能性もあります。ナッツ類などは、2歳を過ぎてからあげるようにしてください。
以上のことに注意して、離乳食をあげてください。

http://ebino-kankou.com/enjoyment/
https://www.facebook.com/Puella1101
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kanko/summary/





那須の山ぼうしの特徴につてをいくつか紹介しています。

今、注目の野菜パウダーの通販情報は見逃せません。

老人ホームの情報はこちらのサイトです。